『工場長ものがたり』 第37話

この物語は 石田クリーニング松山工場 工場長の若き日の成長日記です
             (あっ、現在は常務になっちゃいました 笑)


『工場長ものがたり』 第37話
〜 コンビ復活編 〜  

石田クリーニングのやじきたコンビ
 清本・西田の修行のものがたり はじまり はじまり〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(2002年春)

天職して当店を去っていった 西田君を取り戻そうと・・・
彼の勤めている旅行会社に 社員旅行をお願いすることにした。


『ご無沙汰しております!』

打ち合わせに、西田君がやってきた。


私が
『元気にやっとるか?仕事は順調なんか?』

と問うと

『おかげさまで順調です。仕事が面白くって面白くって。』


どうやら彼は、ドンドン新規のお客様の開拓して、
会社でもトップクラスの成績を残しているらしい。

さもありなん。
彼なら当然だろうなぁ〜 と考えてると・・・


『そちらはどうですか?』
と西田君。

私が、
『いや〜 西田君がおらんようになって やばいんよ〜(笑)』
と言うと・・・


『そんな事無いでしょう。清本さんがおったら大丈夫ですよ〜(笑)』


などと、軽いジャブの応酬。



まあ、今の時点では関係を保つだけでいいだろうと考え
本題の社員旅行の打ち合わせをした。


もちろん、顔見知り価格での交渉は忘れずに・・・。
(値切ってごめんね 笑)


その年の社員旅行は
京都・大阪方面 1泊2日
宿泊は十三で。

添乗員はもちろん 彼。


久しぶりに 彼と一緒に盛り上がった夜の宴会は
懐かしく、とても楽しいものだった。
スタッフもみんな楽しそうだった。


やっぱり彼はウチに必要な人材だ。


しかし、しれからしばらくの間 私に出来る事といえば・・・
時折彼に電話をして 情報収集をすることぐらいだった。
(勢いのある時には 下手に触らないほうがいいだろう・・・)



そうやって 半年ぐらいたったある日のこと
彼に電話をすると・・・            

                            (つづく)


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM